愛媛県佐田岬半島の川之浜と伊方町で民宿を運営している浜乃屋

観光情報

浜乃屋のある愛媛県佐田岬半島にはあまり知られていない見所がたくさんあります!全長およそ40kmの半島なので、車があれば1日で観光してまわることも可能です。レジャーにグルメに観光に・・・浜乃屋を拠点に佐田岬を満喫してください。



  • 佐田岬灯台

    replace

    全長約40キロの日本一細長い半島「佐田岬」の最西端にある灯台です。豊後水道を照らす灯台の真下には、瀬戸内海と宇和海が混じり合う海域があり、2つの海が混じり合う壮大な景色がご覧いただけます。

    梶谷鼻

    replace

    突然海の中から現れたような特徴ある奇岩で、その成分は石灰岩、水成岩から構成されており、昔は大理石を産出し装飾用建材として利用された時代もありました。ウバメガシの群生地で周りの海は透明度も高く景観に優れています。

    大クス(伝宗寺)

    replace

    三崎地区の伝宗寺にある「大クス」!樹齢は1000年を超えると推定されている楠で、子供が凡そ10人位手をつないでやっと1周できるくらいの大きな幹です。この樹にまつわる伝説として戦いに勝利する「勝利の樹」と呼ばれています。

    名取の石垣

    replace

    江戸時代に伊達藩から赴任した宇和島藩主が宇和海の見張り役として軍夫を住まわせたことが名取の始まり。海抜100〜150にある集落は巧みな石の積み上げで出来ている。工夫された石積みは独自の文化を創りだしました。

    高茂高原

    replace

    標高200~300mの高原地帯にあり、約200頭の黒毛和牛「高茂牛」の遊牧が行われている。高原からは宇和海が展望でき、緑と青のコントラストが美しい風景を作り上げています。近くには、分譲別荘地「佐田岬リゾート」があります。

    須賀の森(須賀公園)

    replace

    ハワイの真珠湾に似ていることから第二次世界大戦中模擬訓練が行われた土地に「九軍神」の碑がたっています。奥にはウバメガシが茂る豊かな森があり、目の前には海水浴場とキャンプ場があります。

  • 大久の展望台

    replace

    瀬戸地区の大久上空にそびえ立つパルテノン神殿!?宇和海が一望できる展望台です。晴れた日は勿論の事、天気の悪い日でも海上に降る雨や、半島を覆い尽くす雲など季節によって様々な楽しみが待っています。

    川之浜海水浴場

    replace

    天然の白砂が凡そ1kmにおよぶ佐田岬屈指の海水浴場。シャワーやトイレもあり女性も安心して海水浴を満喫できます。シュノーケリングでは、砂浜ならではの色鮮やかな魚をみる事が出来ます。

    権現山展望台

    replace

    佐田岬半島の中心に位置する権現山は標高378mで県立自然公園に指定されています。展望台からは宇和海、瀬戸内海がのぞめ、バードウォッチングポイントとしても有名で1年を通して様々な鳥の観察ができます。

    せと風の丘パーク

    replace

    昔から風の強い瀬戸地区の立地をいかして風力発電用の風車が建てられました。その風車を観光できるスポットとして整備されたのが「せと風の丘パーク」です。間近でみる風車の迫力は圧巻です。

    レッドウイングパーク

    replace

    伊方町と姉妹都市の提携を結んだレッドウイング市との絆を記念して作られた公園です。お城の形をした無料休憩所や、長さ100m弱のローラ滑り台が人気で、滑り台の途中にはトンネルもありスリル満点です。

    きらら館

    replace

    メロディーライン沿いに建つきらら館では、地元特産品の展示販売をはじめ、伊方町の民族資料室があり、伊方町の歴史に触れる事ができます。最上階は展望代になっていてパノラマの景色をご堪能いただけます。

Back to the top